調剤薬局事務

調剤薬局事務

調剤薬局事務とはどんな資格なのかなど、調剤薬局事務に関しての資格取得の情報を集めました。

生活向上通販 > 調剤薬局事務

調剤薬局事務とは

調剤薬局事務とは、調剤薬局で保険の確認、レセプトの作成など、薬剤師をサポートするのが仕事です。
薬剤師が本来の仕事である調剤に集中できるように手助けします。
薬局で行う具体的な仕事内容はこのようなものです。

・接客
・会計
・レセプト作成
・薬剤師のサポート

薬剤師のサポートとして接客から事務作業と幅広い仕事を任されることになります。
レセプトとは、患者の診療費の自己負担分以外を保険者(政府、組合、市町村など)に請求するための書類のことです。
このレセプト作成などで薬価報酬などの計算を行うため、パソコン作業や数字に関する仕事にも苦手意識を持っていない方が向いている仕事といえます。

とはいえ、レセプトはレセコンと言われるレセプトコンピュータを使っての作業なので入力間違い操作間違いをしないなどの、正確な業務を行うことが大切になってきます。
このレセコンでの入力作業などの事務が日々の主な仕事となります。

薬局には子どもから年配の方まで様々な方がやってきます。
病気で薬を処方される方がやってくるので、体調を崩している方への配慮や心遣いなどが求められます。そのためコミュニケーション能力がある方は歓迎されると思います。
また、薬を受け取って早く帰りたいと考えている患者さんも多いので、正確性と同時にスピードもあればなおいいですよね。

実は仕事をするために必ず何かしらの資格が必要というわけではありません。
とはいえ、人気の事務の職種なので資格取得をすることで、周りとの差を付けて採用でも有利になるはずです。

興味のある方はこちらを確認。
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

調剤薬局事務 資格

調剤薬局事務の資格ですが、人気なのには理由があります。
人気の理由をいくつか挙げると、

・資格を持つ人へのニーズの高まり

国の政策で医薬分業が進み、今までのように薬の調剤は病院で行うのではなく、病院とは別にある調剤薬局で薬剤師が行うように分けることになってきています。
そのため薬剤師と調剤薬局事務のニーズが高まっています。
また、日本が高齢化社会に向かっていきます。人間は年を取れば体の不調を訴える方が必然的に増えることもあって、今後医療関係の仕事へのニーズが高まっていくだろうという予想もあります。

・ライフスタイルに合わせて働き方を選べるケースが多い

フルタイムかパートなど働き方を選べるので、家事や育児と両立がしやすいことで人気の資格となっています。
全国共通の資格なので、結婚、出産、引越をしても再就職に役立ちます。
自宅近くで職場を見つけやすいのも魅力です。

・資格取得に学歴、実務経験を問われない

資格は数種類に分かれていますが、その中にも受験資格を問われないものもがいくつかあります。
合格率が70%に迫るものもあるところも魅力です。

・薬、保険に関しての知識が学べる
仕事を通して学んだ薬や保険の知識を自分の家族の健康のために活かすこともできます。


詳しくは、無料の資料請求ができるこちらのサイトを確認してみてください。
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』 調剤事務




調剤薬局事務 トップへ戻る