中国語会話

中国語会話

中国語会話のレッスンを受けてもなかなか中国語会話が上達しない方が多いと思います。中国語会話のレッスンだけでは身に付かないものが理由のようです。

生活向上通販 > 中国語会話

中国語会話 レッスン

中国語会話のレッスンを選ぶときに注意したいところがあります。
「四声」と呼ばれる独特のイントネーションを身に付けることがコミュニケーションを取るのに非常に重要だと言われています。
なぜなら「四声」を身に付けないと会話が成り立たないそうです。

ところが一般的なレッスンの内容では、この「四声」を身に付けることが難しいのです。
ここで言っている一般的なレッスンとは、

・単語、文法、例文をひたすら覚える
・CD、DVDなどで発音とヒアリングを行う
・語学教室、通信講座でネイティブの先生と話す

という内容です。
どれも語学を身に付ける際に普通に行われていることではないかと思います。
ところが「四声」を身に付けることは考えると、これらのレッスン内容では非常に難しいのです。

「四声」とは何のことかというと、いわゆるイントネーションのことで、音の高低、音が伸びるかつまるかを使い分けて発音することを指しているのですが、これが日本人にとってはとても難しいことなのです。

日本語はどちらかというと抑揚が無く平坦な言葉なので、音の高低、音の伸びなどはそこまで細かく使い分けないし、聞き分けもする必要がありません。
なので、舌の使い方や耳の使い方を1から意識して学ばないとほとんどの日本人は、ちゃんとした聞き分けも発音もできません。

日本人にとってこの「四声」は越えられない壁と言われ、一般的には身に付けるまでに5,6年近くかかると言われています。

ところが一般的な教材ではこの「四声」を聞き分ける耳が無い状態のまま、教材に録音されている発音を真似ていくように教えているのですが、これではなかなか上達ができないのです。
自分で聞くことができないものをどうやって真似することができるのでしょうか。

この「四声」を中心として効果的に学ぶことができる教材を見つけました。

中国語会話 NHK

中国語会話というNHK教育テレビの語学番組の講師だった、ファンキー末吉さんが監修した教材が注目されています。
ファンキー末吉さんといえば、「爆風スランプ」の元ドラマーだったのですが、1999~2000年にNHK教育テレビの「中国語会話」にレギュラー出演していました。
それだけでなく今の主な音楽活動は中国で行っています。

10日間集中すればよいという勉強法を提唱していますが、内容はとてもシンプルで合理的なものです。
何年も時間をかけて勉強するのではなく、必要な勉強に焦点を絞っていれば、短い期間で自然に喋れてしまうようになるといいます。

一般的に語学教室などでマスターしようとすれば、数年の時間と高額な費用がかかりますし、それに加えて学習教材やCD、DVDなどを購入するとさらに高額な費用がかかってしまいます。

それだけでなく、せっかくそれらの教材などで覚えた

上達するかしないかの違いは、効果的な勉強法を知っているかです。
今すぐこちらを確認してみてください。
↓↓↓

1位
ファンキー末吉の中国語講座
ファンキー末吉の中国語講座

中国語会話 トップへ戻る