不眠症

不眠症

不眠症に効く食べ物、不眠症の薬などの情報を集めました。

生活向上通販 > 不眠症

不眠症に効く食べ物

不眠症に効く食べ物についてです。
何が不眠症に効く食べ物なのか調べてみました。

不眠症に効く食べ物と言われるものはこちら。

「小魚、海藻、大豆、緑黄色野菜」

カルシウムの摂取がイライラを抑える効果を期待できます。
ただ、カルシウム摂取と一緒にマグネシウムも採らないとカルシウムの摂取がうまく行えません。
なので、牛乳だけを中心にするのは避けた方がよいです。
緑黄色野菜、大豆、海藻などでカルシウムとマグネシウムなどをバランスよく採ることが望ましいです。
加えて日光浴をしてビタミンDを生成するといいようです。

「ひまわりの種、プロセスチーズ、糸引き納豆」

トリプトファンというアミノ酸を摂取すると、不眠に効果があるとされています。
上記の食品には多く含まれています。

「番外編」

レタスが不眠に効く食べ物だ!と書かれているサイトが多いようですが、これは真っ赤なうそのようです。
レタスに「ラクッコピコリン」という栄養素が含まれていてこれが不眠症に効く食べ物となる、というのですがそもそもこの「ラクッコピコリン」の存在自体がウソのようです。
また、実際に不眠に効く食べ物なのは、ワイルドレタス(Lactuca virosa)というもので、一般的に使われるサラダレタスとは似ても似つかぬ菊のような植物なのです。
ねつ造テレビ番組で提唱されて有名になってしまったのですが、ネットの情報にはウソも多いので気を付けてください。


不眠症に効く食べ物をみていただきましたが、これらをバランスよく食べていくのは実際には難しいと思います。
しかも現在は昔と比べて食べ物に含まれる栄養素は減少しているということもあって、食べ物からの摂取はますます難しいのが現状です。

例えば、文部科学省が日常的に摂取する食べ物に含まれる栄養素の含有量を調査した、「日本食品標準成分表」で、ほうれん草のビタミンC含有量が、昭和38年は「100mg/100g」だったのが、平成12年は「35mg/100g」まで減少したと書かれています。
このように食べ物からでは昔のように充分に栄養を採れないことも、食べ物での改善を難しくしています。

不眠症薬

不眠症を薬で改善していこうという考え方もあります。
賛否両論あると思いますが、不眠による弊害が切実な問題となっている人にとっては大切な薬となっています。

薬なので当然、副作用もあるのですが薬の種類によっては強弱が異なります。
薬の作用の仕方が、短い時間のもの、長い時間のものと違いもあります。
また、薬の種類によっては依存性があるケースもあり、薬の服用をやめる際にも少しずつ薬を服用する量を減らすなど、医師と相談の上で注意が必要です。

医師に処方される薬以外でも、通常のドラッグストアなどでも購入できる睡眠改善薬に分類されるものもあります。

薬を使いたくない方は、サプリメント(栄養補助食品)を試してみるのもいいかもしれません。
不眠症に効く食べ物も紹介しましたが、食べ物からだけ必要な栄養素を採るのはとても難しいことです。

このサプリメントは、体を休めるための8つの栄養素が含まれていてオススメです。
↓↓↓
月の休息



不眠症 トップへ戻る