nbox 値引き

nbox 値引き

nboxの値引き相場や限界。元ディーラーのセールスが値引きを引き出す裏技を教えます。

生活向上通販 > nbox 値引き

nbox 値引き 相場

nbox値引きの相場は、
12万円です。

nboxは人気車種なのですが、徐々に値引きの相場は拡大してきているようです。
nboxの値引きを相場から限界に近いところまで引き出すテクニックを以下で紹介します。

nbox 値引き 限界

nbox値引きの限界は、
15万円ほどのようです。

車両本体は10万円程度で、付属品の無料サービスなどを含めた合計で相場の12万円~15万円を目標に商談していくとよいでしょう。
マイナーチェンジ前の在庫車で限界を狙うのもタイミングが合えばありかも。

ディーラー側からの視点も踏まえてnboxの値引きを限界まで引き出すためのポイントは以下の通りです。

・最初は付属品無しで見積もりをとる
まずは車本体のみで商談を進めていきます。
その方が純粋な値引き額を確認できるのと、後から付属品をサービスしてもらうように交渉しやすくなります。

・タント、スペーシアと競合させる
nboxの競合車としては、同じ背の高い軽自動車のタントやスペーシアがいいかと思います。
特にスペーシアは新型でnboxよりも燃費が上回っている点などを比較材料にしていることを伝えるといいでしょう。

・ホンダ同士で競合させる
同じホンダのディーラーでも資本が違う販売店であれば、違う会社ということになるので、同じnbox同士で競合させることができます。
車が同じnboxとなれば、必然的に値段での勝負になっていきます。
限界に迫るには抑えておきたいポイントです。

・下取り車をディーラで査定しない
ディーラー査定ははっきり言ってしまうとかなり損する可能性が高いです。
元ディーラーのセールスが言うことなので間違い無いと思ってください。
ディーラーでの査定と買取専門業者では、査定額が数十万円違いが出ることがあります。
下取り価格としては限界でも、買取専門業者には独自の販売ルートがあるので限界額が異なるのです。
7年落ちの外車を買取専門業者に出したら、ディーラーよりも百万円高い査定額が付いたというケースもあります。
国産車でも、買取業者の査定額の方が10万円、20万円高いということはよくある話です。
そうなれば、はっきり言って面倒な値引き交渉を限界までしなくても満足できる結果になるかもしれません(笑)

・下取り車を値引きと混同させない
ディーラーで査定することを勧めないもう一つの理由ですが、セールスマンのテクニックで車両を値引くか下取り額の上乗せで、総額を希望の金額に合わせるというものがあります。
「後は値引金額を増やすか下取金額を上乗せするかで、なんとか総額○○円に合わせます」
と、商談の終盤でお客さんに伝えるとけっこう決まるのです。(営業マンの頃によく使いました。)
最初は下取り額を抑え目で提示しておいて下取り金額を増やせば、ディーラーとしては利益を守ることができます。
ところが、事前に他で下取り額を調べておけば、この技は無効化できます。

そのためのオススメサイトはこちら。

無料で最大8社(大手・専門査定会社)から、車の一括査定ができます。
自動車一括査定業界でも、最も実績があるのがこのカービューです。

carview
carview


私も今車を買うならば、必ず査定額をディーラー以外で調べて値引き交渉を進めます。
nboxを希望の金額で購入するために役立てていただければ幸いです☆




あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

nbox 値引き トップへ戻る