サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーは近年注目されている、健康産業に関わることができる資格です。求人も今後増加が見込めるでしょう。

生活向上通販 > サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザー 求人

サプリメントアドバイザーの求人は将来的に増えることが予想されます。
高齢化社会に向かっていく日本では、高齢者の割合が増えていく時代に入ります。それもあって今後、健康関連のビジネスは日本でも数少ない成長が見込める産業と言われているので、求人の増加が見込めるといえます。

日本では人口割合が多い団塊の世代向けの産業が常に大きく成長してきました。
団塊の世代が赤ちゃんの頃にパンパースが生まれて、団塊の世代が大人になると自動車産業がどんどん大きくなっていきました。
そういった産業が常に多く求人して、雇用を作ってきた歴史があります。

現在この団塊の世代は60代に入ったわけですが、60代が最も関心を持つことは「健康」と言われています。
最近テレビで健康食品などの健康関連のCMを多数見る様に、健康にかかわる産業が注目されて求人も増加しつつあります。

そんな中で健康を気にする人々の増加によってサプリメントを摂取する方が多くなっています。
きちんと自分の目的や健康状態に合ったものを選ぶ必要がありますが、数多くの企業が参入したことでたくさんの製品の中から、目的に合った製品を選ぶことが難しくなっているのも事実です。
結局、判断基準が無いために芸能人が使っていると宣伝している製品を選んでしまうことも多いと思われます。
また、外国から輸入したものなどの粗悪な健康食品で健康に被害を受けるケースも多々見受けられます。

そんなときに必要とされるのが、体に本当に必要な栄養素の成分などに精通したアドバイザーです。
サプリメントアドバイザーを必要とする消費者が増えることで、企業からも必要とされることも増えるでしょう。
そうなると求人も今後増加していくことが考えられます。

求人がちゃんとあるか不安な方も、こちらだと資格取得後の就職や転職のサポートがあるのでオススメです。
求人は主に「健康関連」「スポーツ関連」だということです。
>>資格取得×就業サポート付サプリメントアドバイザー資格取得講座






次に合格率なども考えていきたいと思います。

サプリメントアドバイザー 合格率

サプリメントアドバイザーの合格率についてです。
毎回60%前後の合格率なので、各種資格の合格率の中でも合格しやすい部類と言えます。

例えば人気の簿記3級は合格率40%ほどです。
あるいは介護福祉士も合格率40%ほどです。
ちなみに運転免許証は約60%ほどの合格率なので、同じ位の合格率ですよね。
各種資格の合格率は40%以上あれば、高い合格率と言われるようになります。

合格率が高くても、資格取得後に求人が無かったり、求人があっても就職への競争率が高すぎるのも問題です。
合格率が高い資格の中では取得後の競争は比較的楽かもしれません。

合格率やその後の求人もいいですが、サプリメントアドバイザーの勉強を通じて得られる知識は、ご自身や家族の健康に役立つものばかりです。
そういう観点で資格取得を考えてみてもいいですよね。

サプリメントアドバイザーの無料の資料請求はこちらから。
>>サプリメントアドバイザー



サプリメントアドバイザー トップへ戻る